ASIAN Clinic Text

糖尿病アジアンクリニック

ジョスリン糖尿病センターのアジアンクリニックは、ディレクターのウィリアム・シュー医師のもと、オム・ガンダ医師、栄養士のカ・ヘイ・ケアレン・ラウで構成されています。ジョスリンの優れた患者ケアと教育モデルを駆使して、アジア系アメリカ人の患者さんのケアを行っています。言語的、文化的に適切なアプローチを通じて、ジョスリンのアジアンクリニックではアジア系アメリカ人の糖尿病患者の方々の生活のクオリティ向上と、より健康的な毎日を実現する為のサポートをして参ります。
患者さんとご家族の声

アジアンクリニックのサービスについて

ジョスリンのアジアンクリニックでは、アジア系アメリカ人の方に文化的配慮のできる医師や栄養士、糖尿病療養指導士と1対1のアポイントメントを提供しております。  糖尿病の治療は、内分泌内科医、眼科医、検眼医、管理栄養士、ライフスタイルスペシャリスト、ケアコーディネーター、医療アシスタントで構成されたグループが対応します。ケアコーディネーターはクリニックと患者の架け橋として、通院予約はもちろん、初診・紹介・処方箋などに関する疑問や不安に対してのサポートを一人一人のニーズにあわせて提供します。

アジアンクリニックのチームは、中国語(北京語・広東語)、日本語、ベトナム語、ヒンディー語での対応が可能です。

 

診療時間

毎週水曜日 午後1時から5時まで
予約・お問い合わせ
電話 617-732-2606
e-mail aadi@joslin.harvard.edu