• 12/25/2008 - 19:45
    2007年のアメリカ糖尿病学会(ADA)にて、A1Cを反映するのに最適な方法として推定平均血糖値 (eAG)が推奨されました。 従来はHbA1cと表記されますが、ここでは省略語としてA1Cを用います。A1Cは、赤血球の血色素であるタンパク質のヘモグロビンにブドウ糖が不可逆的に付いたものです(糖化ヘモグロビン)。A1Cは、測定時の食事に影響受けることなく、過去 8-12 週の血糖値を反映する検査値として、1970 年代に見出されました。一般に、A1C値が7%未満であれば、糖尿病のコントロールが良いとされています。また、A1Cの目標値に向けての厳密な治療がされることで、糖尿病合併症の発症・...
  • 04/15/2011 - 13:03
    While diabetes spares no group of people, it hits some populations particularly hard. But everyone with the disease can work to control it and live a long, normal life. These were among the key messages brought to a Boston Museum of Science panel by Joslin’s Enrique Caballero, M.D. and...